キャンプで簡単カプチーノを作ろう!【100均ミルクフォーマー】

キャンプノウハウ

こんにちは!しば子です。

今回は100均のミルクフォーマーを使ってカプチーノを作る方法を紹介します。

カプチーノといっても、ずぼらなしば子はエスプレッソを作るマキネッタも豆を挽くコーヒーミルも使いません!

インスタントコーヒーを使った(エセ)カプチーノの作り方なので、本格的なカプチーノを作りたい方は他の方の記事をご覧ください(笑)

お気に入りのカップを持っていけば楽しく簡単におしゃれキャンプができますよ♪

スポンサーリンク

用意するもの

・100均のミルクフォーマー(ダイソー)
・直火OKのマグカップ(牛乳を温められればOK)
・インスタントコーヒー
・牛乳

本来ならばカプチーノはエスプレッソとフォームミルクを組み合わせて作ります。

というか、エスプレッソでなければもはやカプチーノではありません。

しかし!

エスプレッソを作るにはマキネッタという道具が必要になり、珈琲をあまり飲まない人にとっては買うのはちょっと面倒なんですよね。

マキネッタ↓

もちろん本格的なおいしいカプチーノを作りたい方はマキネッタを購入して(3000円くらいで買えます)欲しいところですが、雰囲気が味わえてそれなりにおいしければOKな人は普通にインスタントコーヒーでも大丈夫です。

コーヒーミルを持っている方はせっかくなら豆を挽いてもいいかもしれませんね。

コーヒーミル↓

ミルクフォーマーはダイソーのものを使用しています!
100円ですが問題なく使えています。

スポンサーリンク

作り方の手順

①お湯と牛乳を沸かす

まずコーヒーを淹れるためのお湯とフォームミルクを作るために牛乳を沸かします。

牛乳はあたためすぎると勢いよく吹きこぼれます。
よく見ながらあたためてください!

しば子はお湯はこのケトルで沸かし、↓

牛乳はスノーピークのシングルマグを使って沸かしています。↓

スノーピークのシングルマグを使う理由としては、

・直火OKなのでそのまま牛乳を温められる
・2人分に丁度良い量が淹れられる
・ミルクフォーマーで泡立てるときに深さが丁度良い

です。

ケトルで温めてもいいのですが、どうしても底に牛乳が固まってしまって(焼けてしまって?)洗うのが大変なのでマグの方が洗いやすいです。

また、直火OKなシェラカップでもいいのですがミルクフォーマーで混ぜるときに底が浅いと牛乳が飛び散る可能性があります。

なるべく深めのシェラカップを使うことをおすすめします。

・牛乳の温めにはスノーピークのシングルマグが丁度良い

②牛乳をミルクフォーマーで泡立てる

牛乳を沸騰する直前まで温めたらミルクフォーマーで3分ほど泡立てます。

マグの底までフォーマーを入れてから電源を入れると飛び散らずに混ぜることができますよ。

・マグの浅い位置でフォーマーを使うと牛乳が飛び散るので注意!

③コーヒーを淹れる

コーヒーを入れていきます。

インスタントコーヒーを使っているのでお湯を入れるだけです!簡単!

この後にフォームミルクを入れるのでコップの半分くらいまでコーヒーを淹れます。

コーヒーはコップの半分くらいまで淹れる!

④フォームミルクを注ぐ

フォームミルクを注いでいきます。

最初は泡立った部分ではなく液体の部分のみ出てくるので両方のコップに液体の部分を注いでいきます。

液体の部分を注ぎ終わったら泡の部分が残るので泡を注いで完成です!

最初は牛乳の泡になっていない液体の部分が出てきます!
先に2杯分注いだ後に残った泡を注ぎます。

スポンサーリンク

さいごに

ミルクフォーマーでしっかり泡立てることで綺麗なカプチーノになるので、泡立ちが足りない場合はプラス2分ほど泡立ててみて下さい!

今までキャンプでコーヒーしか淹れなかった人も、100均で簡単にカプチーノを作ることができるのでぜひチャレンジしてみてくださいね♪

この記事を書いた人
しば子

山梨県出身の女子キャンパー。
 
彼氏のともくんと始めたデュオキャンプにどっぷりハマった結果、会社を退職しフリーランスへ転身。
 
初心者にもわかりやすいキャンプノウハウや情報を発信しています。

しば子をフォローする
キャンプノウハウ
スポンサーリンク
しば子をフォローする
MOSHI CAMP

コメント

タイトルとURLをコピーしました