ほったからしキャンプ場「デッキサイト」に泊まってきた!【絶景&雨でも安心なサイト】

キャンプ場

こんにちは!しば子です。
先日、念願のほったらかしキャンプ場に行ってきました!!

泊まったのはデッキサイト2で、富士山と夜景が最高に綺麗でした…!


この記事ではサイトや場内の様子、デッキサイトでのテントの張り方なども紹介しています。

ほったらかしキャンプ場「ハナレサイト」のレポはこちら

ほったらかしキャンプ場
スポンサーリンク

ほったらかしキャンプ場の基本情報

ほったらかしキャンプ場
住所山梨県山梨市矢坪1669-25
公式HPほったらかしキャンプ場
営業期間通年営業
チェックイン/チェックアウト13:00/11:00
利用料金宿泊料金+サイト利用料金

【宿泊料金】
平日・休前日 大人2000円 子ども1000円 
大型連休 大人3000円 子ども2000円  
   
【サイト利用料金】
フリーサイト 1500円
区画サイト 2000円
ハナレサイト 2000円
ダイノジサイト 3500円
ほったらかしサイト 3500円
横浜サイト 4000円
デッキサイト 4000円
電源すべてのサイトにあり(別料金 1000円)
支払方法現金
ペット利用
ゴミ処理持ち帰り または 1泊500円で引き取り可
アクセス中央自動車道 勝沼I.Cまたは一宮・御坂I.Cから約25分
買い出し情報いちやまマート山梨店(スーパー)車で約10分
ドラックストア併設
温泉ほったらかし温泉 徒歩4分
スポンサーリンク

デッキサイト情報

ほったらかしキャンプ場のデッキサイト
料金(車両1台分込み)宿泊料金+サイト使用料

【宿泊料金】 平日・休前日 大人2000円 子ども1000円
       大型連休 大人3000円 子ども2000円
【サイト使用料】 4000円
デッキサイズ約5m×6m
区画数3区画

デッキサイトは全部で3区画あります。
デッキ自体が約5m×6mあり、その隣に駐車スペース・前には焚火スペースもあるので広々使えます。

しかし、サイトの入り口が狭いので車の駐車には注意が必要です。

デッキサイトの駐車には注意

2ルームテントを張っても余裕のある広さです。

ガイロープも問題なく張ることができましたが、後ろの一本のみデッキに止めることができなかったので土に止めました。

デッキサイトに2ルームテントを張った写真
デッキサイトに2ルームテントを張った写真

スポンサーリンク

デッキサイトのテントの張り方

デッキサイトではデッキ専用のペグが必要になりますが、このデッキ専用のペグは無料で貸してもらえます。

専用ペグはカラビナ付きで20個入っており、2ルームテントでもガイロープ分を含め十分足りました。

デッキサイト専用ペグ

専用ペグの止め方は簡単です。

①まずカラビナをテントポールのループに引っ掛けます。

デッキサイト専用ペグ

②デッキの板と板の隙間に専用ペグの先端を差し込みます。

デッキサイト専用ペグ

③専用ペグを上からぎゅっと押し付け、スプリングをいっぱいに縮めながら90度回して固定します。

デッキサイト専用ペグ

これで完成です。
先端部分が板に引っ掛かることで専用ペグが完全に固定され、上から引っ張っても外れることはありません。

デッキサイト専用ペグ

デッキサイトからの景色

デッキサイトからの景色は富士山も夜景も目の前に見ることができ、とにかく最高でした。

しば子はデッキ2に泊まりましたが、デッキ1・デッキ3からもほぼ同じように見ることができます。

デッキサイトからの景色(昼)
昼間の景色
デッキサイトからの景色(夕方)
夕方の景色
デッキサイトからの景色(夜)
夜の景色

空の移ろいゆく景色はずっと見ていても飽きません。
晴れていると夜でもうっすら富士山が見えます。

ほったらかしキャンプ場「デッキサイト」3つの魅力

魅力① 雨でも安心

ほったらかしキャンプ場デッキサイト

デッキサイトの魅力はなんといっても「雨でも安心」というところ。

土と違って水たまりができることがなく、撤収が非常に楽です。
泥で汚れたり最悪キャンプを中止したり…という心配もありません。

しば子が泊まった日はずっと晴れていたのであまり関係ありませんでしたが、テントを土で汚さなく済んだことや石などの凹凸がないこともストレスがなく、とても快適でした。

魅力② トイレと炊事場が近い

ほったらかしキャンプ場のトイレ

2つ目は「トイレと炊事場が近い」というところです。

デッキサイトを少し下がるとすぐにトイレと炊事場があり、その距離徒歩20秒。

ご飯を作ったり片づけをしたり、何をするにも近くて便利でした。

魅力③ 景色が抜群

ほったらかしキャンプ場の景色

3つ目はやはり「景色が抜群にいい」というところです。

目の前に細い木が生えていますが、それもほとんど気になりません。


また、他のサイトやテントが自然に視界に入ってくるということもなく、ただ景色のみを眺めることができるので景色を独り占めしている気分になれます。

デッキサイトのデメリット

ほったらかしキャンプ場のデッキサイト

ここまでデッキサイトの魅力(メリット)を紹介してきましたが、デメリットも多少あったので紹介します。

サイト使用料が高い

まず、サイト使用料が他のサイトより高いです。

もちろん数少ないデッキサイトなので当たり前なのですが、一番安いサイトで1500円なので4000円はちょっと痛いかなと思います。

しかし、利便性や景色を考えればこれくらい出しても損はないと思います。

プライベート空間が横浜サイトよりは劣る

デッキサイトを上から見た写真
デッキサイトを上から見た写真

サイト使用料が同じ金額の横浜サイトですが、こちらは1区画しかなく完全なプライベート空間になっています。

一方でデッキサイトは同じ敷地内に3区画あるので隣との距離が近く、横浜サイトよりはプライベート空間が保たれていません。

しば子が泊まった日は両隣がソロキャンパーさんだったので問題ありませんでしたが、ファミリーやグループがいる場合は少し騒音が気になる可能性があります。

場内の様子

ほったらかしキャンプ場のMAP

次に場内の様子を紹介します。

管理棟(CENTER HOUSE)

ほったらかしキャンプ場の管理棟

まず管理棟( CENTER HOUSE )です。
ここでチェックインを済ませます。

受付の他にお菓子や衣類・アウトドア用品なども売っていました。

駄菓子屋「ほったらがし」

自動販売機もありました。自動販売機はここ以外にも場内にいくつか設置されています。

ほったらかしキャンプ場の自動販売機

ほったらかし温泉からキャンプ場管理棟へ向かう道の途中にはアイスの自動販売機もありました。

温泉の帰りにも食べることができるので嬉しいですね♪

ほったらかしキャンプ場のアイス自動販売機

トイレ

デッキサイト付近のトイレはこんな感じです。ここからも富士山が良く見えます。

ほったらかしキャンプ場のトイレ

トイレの中も非常に綺麗でした。

ほったらかしキャンプ場のトイレ

手洗い場も設置されており、石けんやアルコール消毒液もありました。

ほったらかしキャンプ場のトイレ

炊事場

炊事場は広く綺麗で、お湯も出ます。

ほったらかしキャンプ場の炊事場

生ごみは各自持って帰ります。

ほったらかしキャンプ場の炊事場

三角コーナー用のネットが置いてあるのでこちらを利用します。
ここにもアルコール消毒液が置いてありました。

ほったらかしキャンプ場の炊事場

CAFE山歩(さんぽ)

キャンプ場を上まで登っていくとコーヒーやお酒、軽食などが楽しめる「CAFE山歩」があります。

営業時間は11:00~18:00です。
各サイトよりもさらに上からの絶景が楽しめるのでおすすめです。

ほったらかしキャンプ場のカフェ
ほったらかしキャンプ場のカフェ

ほったらかし温泉情報

ほったらかし温泉

ほったらかし温泉は徒歩約4分ほどのところにあります。

営業時間日の出1時間前~22:00(最終受付21:30)
料金大人800円 子ども400円
販売品タオル200円 バスタオル1000円

温泉は「あっちの湯」と「こっちの湯」があり、それぞれ別に入浴料がかかります。
日の出時間と夜17時以降は「あっちの湯」のみの営業となります。(2021年12月時点)

夜は夜景、朝は日の出を見ながらゆったり温泉に浸かることができるのでぜひ行ってみてください♪

朝はほったらかし温泉で「卵かけご飯」を食べよう!

ほったらかし温泉には朝ごはんに「卵かけご飯」を食べることができる「気まぐれ屋」があります。

営業時間は日の出からお米がなくなるまで。

卵かけご飯・お味噌汁・漬物・納豆がセットになって600円です。

テントでキャンプ朝飯を食べるのも醍醐味ですが、絶景を見ながら食べる究極の朝ごはんも絶品なのでぜひ食べてみてください♪

あの「ゆるキャン△」にも出てた!「温玉あげ」もおすすめ

「気まぐれ屋」の他にも軽食スタンドがあり、あの「ゆるキャン△」に登場した「温玉あげ」も食べることができます。

営業開始は9時半頃なので卵かけご飯と一緒には食べられませんが、外はサクッと中はとろーりの温玉あげは絶品なので時間があればぜひこちらも食べてみてください♪

さいごに

さすが予約が取れないだけある人気のキャンプ場だなという感じで、ここちょっと不便だな…とか、気になるな…というところは何一つない素晴らしいキャンプ場でした。

デッキサイトは少々お高めですが、利便性が良く撤収も楽だったので機会があればまた利用したいです!

最後まで読んでいただきありがとうございました♪

この記事を書いた人
しば子

山梨県出身の女子キャンパー。
 
彼氏のともくんと始めたデュオキャンプにどっぷりハマった結果、会社を退職しフリーランスへ転身。
 
初心者にもわかりやすいキャンプノウハウや情報を発信しています。

しば子をフォローする
キャンプ場
スポンサーリンク
しば子をフォローする
MOSHI CAMP

コメント

タイトルとURLをコピーしました